心の悩みを抱えているお子様をお持ちのご家族の方へ

心の悩みを抱えているお子様をお持ちのご家族の方へ

1対1のカウンセリング以外にも
様々な形でお子様とご家族の方をサポートしております。

 

 

不登校や引きこもり、いじめ、親子関係の問題を改善したい方は一度ご相談ください。

 

薬を使わずに心理療法で根本的に辛い症状を克服していきます。
自信と安心感の土台を作ると不安が減ってきて、本来の自分らしさが出せるようになります。

ケース@ お母さんだけがカウンセリングを受ける

お子さんがカウンセリングを受けたくない場合、
あるいはお子さんが年齢的に幼すぎて1対1の会話が成り立たない場合は、
お母さんだけがカウンセリングを受けていただきます。

 

小、中学生のお子さんが不登校になったケースでは
基本的にお母さんが先にカウンセリングを受けることが最も多いです。

 

これだけでも、お子さんは学校に復帰されることも多々あります。

 

 

お子さんに対するお母さんの接し方が変わってくることで、お子さんにも必ず変化が出てきます。
(その後、お子さんがカウンセリングを受けることもあります)

 

 

お母さんがカウンセリングを受けられると、お子さんへの言葉のかけ方、接し方が格段に上手くなってきます。
また、お母さん自体のストレスもコントロールできるようになるので、お子さんにも良い影響がでてきます。

 

 

また、カウンセリングを受けられている方には、メールでご相談も受け付けています。
悩みや迷いがある時に、いつでもメールでサポートいたします。
十分に活用してくださいね。

ケースA お子さんがカウンセリングを受ける

お子さんがカウンセリングを受けている時に、お母さん(お父さん)は別室でお待ちいただきます。

 

カウンセリングは、ご相談者と私とで一緒に同じ目標に向かって取り組んでいくものです。

 

ですのでお子さんがカウンセリングを受ける場合は、お子さん自身がカウンセリングを受けたいかどうかという意思を必ず確認してください。

 

お子さん自身にカウンセリングを受けたいという意思が全くない時は、無理に行動させるようなことは避けましょう。
無理に連れて来ても、余計に心を閉ざしてしまったりして、逆効果になりかねません。

 

最も良い形を一緒に探っていきますので、遠慮なくご相談くださいね。

ケースB 初回のみ、お子さんとお母さんが一緒にカウンセリングを受ける

初回のみ、お子さんとお母さんが一緒にカウンセリングを受けて、2回目以降は、お子さんだけが受けていただきます。
悩みの核心部分に入ってきたら、初回のカウンセリングの途中でもお母さんに退室していただくこともあります。

ケースC お子さんとお母さんが別々にカウンセリングを受ける

お子さんがカウンセリングを受けて、これとは別にお母さんもカウンセリングを受けていただきます。

 

お母さんもカウンセリングを受けられることで、今のお子さんの心がどういう状態にあるのか、
どういうふうに接したらいいのか、どのように導いていったらよいのかがわかるようになります。

 

親としての意見やアドバイスを言う前にやっておかなければいけない大切なことがあるのです。

 

また、同じセラピーを共有することで、家でも癒してあげたり、解決へ向けてのセラピーをしてあげることができます。

 

親御さんの接し方次第で、お子さんが良い方に進んでいくか、悪い方向に進んでいくかが大きく変わってきます。

 

 

 


お電話でのご予約は 079-427-3655  受付時間午前10時〜午後9時 (月)定休

 

お子さんの不登校や引きこもりを克服するなら、神戸、姫路、明石からの来店が多い加古川の心理カウンセリング「健康物語」へご相談ください。


 
トップページ カウンセラー紹介 お客様の声 料金&ご予約 アクセス