当カウンセリングルームの考え方

カウンセリングの4つの軸

心理カウンセリングルーム「健康物語」では、次のような考え方を軸にセラピーを進めていきます。

 

 

対症療法

今抱えている辛さや不安といったストレスやネガティブ感情を減らしていくことで、あなたの心が軽くなっていきます。
あなたは今まで十分に悩み、そして苦しんできました。
まずは心の重荷を少しでも減らして楽になりましょう。

 

ただし、これだけでは一時的にストレスが減っただけで、
再び苦しくなることもあります。

根本治療

ある程度気持ちが軽くなったところで、表面的な悩み解決ではなく、根本的な解決に入っていきます。
あなたを今まで無意識のうちにしばりつけていた不自由な「信念」や「思い込み」を自由なものに変えていきます。
そうすることで、自分を好きになれたり、安心感や自信を持てるようになれます。

 

心の筋肉

体の筋肉は使えば強くなり、使わなければ弱まります。心の筋肉も同じようなものなのです。
人と接する機会が極端に減ってくると心の筋肉が弱くなります。

 

心の状態が良くなってきているにもかかわらず、人と会ったり、街中を歩くだけでグッタリしてしまう人は、単純に心の筋肉が弱っている可能性があります。
ですので、根本治療や対処療法とは別に心の筋肉を強くしたり、ほぐしたりして柔軟性を持たせることが大切なのです。
そうすることで、疲れにくい自分になり、自分らしく輝けるようになってきます。

 

メンタルを強くすること、
そして、臨機応変に物事に対応できるように心を柔軟にしていくことも大切です。

コミュニケーション

生きていくうえで、避けて通れないものがコミュニケーションです。
会話に苦手意識がありすぎると、ストレスがたまったり、生きづらくなってしまいます。

 

あるいは、相手との会話は無難にこなせているにもかかわらず、その後に疲れがどっと出てしまうという人もいます。
この場合は、相手に気を遣って、自分は我慢して本心を上手く表現できていないことが考えられます。

 

現時点で無口な人、口下手な人も安心してください。そういう方でも身につけられるコミュニケーションの方法があるのです。
気持ちを表現した自分自身に満足感をおぼえ、しかも相手にも親しみを持ってもらえるようになり、さらに自信もついてきます。
あたなはどこに行っても自分の居場所をきちんと作れるようになれるでしょう。

 

 

他人との円満な会話はもちろん大切です。
でも、それ以上に大切なものがあります。

 

それが、もう一人の自分とも言われている「潜在意識」です。
自分ともう一人の自分が仲良しであれば(本音が言えたら)、自信がついてきます。

 

しかし、もう一人の自分とのコミュニケーションが上手くいっていなければ(本音が言えない)、いつまでも自信が育ってきません。

 

 

 

 

このように「健康物語」のカウンセリングでは、4つの軸を大切にしています。

 

もちろん、今のあなたの状態に合わせて無理のないようにカウンセリングを進めていきますのでご安心ください。

 

 

 


お電話でのご予約は 079-427-3655  受付時間午前10時〜午後9時 (月)定休

 

過食症、パニック障害、適応障害、うつ病、不安神経症、睡眠障害、強迫性障害、上がり症、対人恐怖、アダルトチルドレンを克服するなら明石からの来店が多い加古川の心理カウンセリング「健康物語」へご相談ください。


 
トップページ カウンセラー紹介 お客様の声 料金&ご予約 アクセス