パニック障害を改善するなら姫路、明石からの来店が多い兵庫県加古川市の心理カウンセリングルーム「健康物語」へ

パニック障害のチェック

動悸がつらい

 

息苦しい、過呼吸がある

 

めまいやふらつきがある

 

発汗、冷や汗が出る

 

手足が震える、しびれる

 

吐き気、胸の不快感がある

 

強い不安感、非現実感に襲われる

 

冷え、のぼせがある

 

電車に乗ったり高速道路を走るのが怖い

 

一人で外出するのが怖い

 

一人で家にいるのが怖い

 

 

このようなパニック障害の症状が続いていて
不安の悪循環に陥っている方はご相談ください。

予期不安があることで生活が不自由になってくる

パニック発作の症状は、人それぞれ違いますが
皆さんが共通して抱えているのが、また発作が起こるのではないかという不安感です。

 

発作が起こった後、どうなってしまうのだろう。
このような不安もあります。

 

 

通常の状態に比べて不安がとても強いので、パニック発作が起こりそうな状況をできるだけ避けるようにもなります。

 

電車やバスに乗らないようにしたり、
スーパーの買い物を避けるようになったり、
できるだけ人前に出ないようにする人もいます。

 

 

今までは、自由に行動できていたのが
パニック発作によって、不自由な生活を余儀なくされるのです。

パニック不安の悪循環から抜け出す

そういう不自由な生活をしている自分自身に対して情けないと思ったり、落ち込んだりすることで
自己肯定感が低下していきます。

 

自己肯定感が低下すると、逆に不安感はますます高まってくるのです。

 

このようにして、パニック発作の悪循環はグルグルと回りだします。

 

 

 

カウンセリングでは、まずはこの悪循環をスパッと断ち切ることをしていきます。

 

どんな年齢の方でもどんな職業の方でも問題なく、誰でも悪循環から抜け出せます。

 

どのようにしたら悪循環を断ち切れるのかという理屈もしっかりわかった上で
実際に悪循環を断ち切ることを体感していただきます。

 

そこが第一歩になります。そして、最も大切な部分になります。

 

 

その上で、不安感や恐怖感といったネガティブな感情と上手に付き合う方法、
今抱えているストレスをどんどん減らしていけるようにしていきます。

 

 

その後、このような悪循環を二度と繰り返さないように
そもそもストレスがこんなにも溜まらないようにするためのワークを色々と行っていきます。

 

 

パニック障害は必ず克服できます。
パニック障害を根本的に克服するなら実績多数の兵庫県加古川市の心理カウンセリングルーム「健康物語」に一度ご相談ください。
薬を使わずに心理療法でパニック障害は必ず楽になります。
パニック症や不安神経症を克服した経験を元に100%あなたの味方として導いていきます。
自信と安心感の土台を作ると不安が減ってきて、本来の自分らしさが出せるようになります。

 

 

お電話でのご予約は 079-427-3655  受付時間午前10時〜午後9時 (月)定休

 

 

カウンセリングを成功させるためには、あなたとカウンセラーとの相性が大切な要素となりますので、ぜひプロフィールもご確認ください。


 
トップページ カウンセラー紹介 お客様の声 料金&ご予約 アクセス